派森文摘网
【资料频道】- 知识分享,共同进步 ...
文章:966695浏览:8611466本站已运行845

[建文帝是谁]建文帝究竟是谁

关于建文帝为什么失败已经成为一个热门话题,今天小编和你就一起来看看《[建文帝是谁]建文帝究竟是谁》这篇资料,来了解建文帝是谁图文视频资讯等相关资料。

DJ,文帝orMC,Seven东山岛罗曼蒂克 视频 : 建文帝为什么失败 [郜国公主]千金公主 [韩子高]南北朝韩子高简介 [建文帝死于哪一年]建文帝朱允炆最后结局如何?建文帝是怎么死的 [熊阔海原型]熊阔海

建文帝朱允炆,朱文奎出生之后,朱元璋说:"日月皆终,大凶之象."于是朱文奎很不讨朱元璋的喜欢.建文元年时,朱文奎被立为皇太子.建文四年,朱棣叛乱举兵进攻南京之后,建文帝不知去向,而建文帝的儿子朱文奎也一起消失不见,很有可能是建文帝带着朱文奎一起逃跑了. 建文帝的儿子

建文帝的儿子是谁 建文帝在位多少年

建文帝的儿子是谁 建文帝在位多少年,建文帝后人 390 x 480 (23665)

[建文帝是谁]篇一:建文帝究竟是谁

[导读]建文帝是谁?建文帝就是明朝第二个皇帝朱允炆。朱允炆是明太祖朱元璋的孙子,太子朱标的次子。原来建文帝朱允炆有个长兄,但是不幸的是长兄英年早逝。

建文帝是谁?建文帝就是明朝第二个皇帝朱允炆。朱允炆是明太祖朱元璋的孙子,太子朱标的次子。原来建文帝朱允炆有个长兄,但是不幸的是长兄英年早逝。其父的原配逝世之后,朱允炆的母亲才得以扶正。之后朱允炆被明太祖视为嫡长孙。

一三九二年,皇太子朱标病逝,朱允炆被立为皇长孙。朱允炆自小就熟读诗书,跟随在身边的文人志士也都是怀着理想主义的人物。性情同其父亲一般温顺,心胸大度,宽怀对人。朱元璋死后,朱允炆在南京即位,当时他只有二十一岁。而关于建文帝朱允炆的进一步详细的情况已经没有可信的资料。他在位时国内发展状况也已经无从考证,因为建文帝时期的档案已经全部被毁。

建文帝朱允炆有三位心腹,他们分别是黄子澄、齐泰与方孝孺。这三位儒家师傅倾心辅佐建文帝从政。黄子澄在当时备受尊敬,于明太祖在位时就已经担任过数职,现在被朱允炆封为翰林学士。齐泰对经书大有研究,被建文帝封为兵部尚书并参与国政。方孝孺是有名的思想家与文学家,不像其他几位那样那么早进入官场,大器晚成能够形容他的一生。

建文帝朱允炆最后的结局是扑朔迷离的。燕王起兵叛乱,那时南京城内皇宫大院大火弥漫,而几具烧焦的尸体已经无法辨认,有太监说是皇帝,皇后等人的遗骸。但建文帝最后到底是生是死没有人知道。以上便是关于建文帝是谁的大致概述。

建文帝是大明朝的一位特殊的皇帝,他在位时间很短,仅为四年。在四年中的政治舞台上,建文帝朱允炆的表现如何?他对大明朝的后世产生了如何的影响?后世之人对于建文帝的评价又是怎样的呢?建文帝评价可以分为几个方面呢?

其一建文帝是第一位直接从皇长孙成为皇帝之人,中间跳过了太子这个职位;

其二建文帝也是第一个被藩王逼迫离开皇位的君主,并且被下一任继任君主永乐帝彻底否定,成为一位无庙号、无谥号的两无皇帝。

建文帝在位仅仅四年的时间,他的政治治理对整个大明朝的发展有何种影响呢,后世之人如何评价建文帝呢,接下来主要来谈谈这个话题。

其一建文帝不同于明太祖朱元璋,他生在太平盛世且从小在爱的环境之中长大,所以建文帝的人格中有着极其善良的一面,他富有同情心并且为人亲和;其二建文帝是一位有理想有抱负的人,他的政治理念是希望明朝治理不再仅仅依靠严酷的刑罚,而是由百姓们自觉而发的觉悟,也可以说建文帝是一个理想化的人格,有着美好的期许。其三在百姓心目之中,建文帝是一个亲民的好皇帝,他让百姓们的生活在经济程度和精神程度都有了一定程度的缓和与好转。

大明王朝创立于公元1368年,灭亡于公元1644年,整个王朝共存在了近三百年。在这个辉煌的王朝创立之初,便经历了诸多磨难,历史上最为有名的一场战乱靖难之役便发生在公元1399年,经此一役,建文帝下落不明,燕王朱棣登基为帝,成为大明朝的第三位皇帝明成祖。朱棣发动靖难之役的原因是除奸佞,这里的奸佞指的便是建文帝的老师。那么建文帝的老师是哪些人,他们做了什么会被朱棣认为是奸佞?

明太祖朱元璋薨逝后,皇长孙朱允炆登基为帝,成为明朝的第二位皇帝建文帝。建文帝登基之前,便极为推崇儒学,分别拜黄子澄、齐泰和方孝孺为师,潜心学习儒学,这也是为什么建文帝极力主张仁政治国的重要原因。在建文帝登基后,便封黄子澄为翰林学士、齐泰为兵部尚书、方孝孺为侍讲学士,黄子澄与齐泰二人更是参与国政,成为建文帝的心腹大臣。

黄子澄、齐泰等人虽然在文学上是极其有名的人物,但却没有治国经验,空有理论却无实践经验,就如同纸上谈兵一样。黄子澄等人为了确保中央集权,避免发生夺位事件,向建文帝提出削藩的建议,被建文帝予以采纳。朱棣之所以提出“清君侧、除奸佞”的口号,针对的正是黄子澄、齐泰等人提出的削藩政策。

靖难之役爆发,燕王朱棣取得了最终的胜利,建文帝朱允炆落得不知所踪。作为建文帝的老师,黄子澄、齐泰和方孝孺等人被朱棣下令处死。

[建文帝朱允炆]篇二:朱棣处罚建文帝忠臣:命其妻女每天被20人轮奸

核心提示:剩下的女眷则被没入教坊,由朱棣亲自派人监管着到军营做军妓,每日每人要被二十余条汉子糟蹋。监管人凡事直接请示朱棣,而朱棣也为此下了许多具体的诏令,指示要这些可怜人多多“转营”,即遭更多的男人侮辱,凡是不幸怀孕的,生下男孩做“龟子”,女孩则“长到大便是个淫贱材儿”,如果被折磨死了,便“抬去门外著狗吃了。”

长陵的主人朱棣,就是这样一位“雄主”,虽然排得比较靠后。跟那些入了秀才们法眼的皇帝们一样,朱棣很有点可供炫耀的事功,他重建了北京城,特别是修了座今天算作世界文化遗产的皇宫,同时还有一座供他死后享用的皇宫;附庸风雅,着人编了部《永乐大典》;真格好武,将蒙古人赶得离北京远了一点;最露脸的是派身边的大太监郑和带了一支庞大的船队下西洋,开创了当时世界远航史的新纪录,至今中国人提起来,还激动不已,尽管当时人家不过是想打探建文帝的下落,生怕他那个倒霉的侄子什么时候东山再起。

不过,这位“雄主”杀人和糟蹋起人来,也照样是大手笔,不仅杀人如麻,而且表现出超常的嗜血欲。为了一点宫闱丑事居然一次就诛杀宫女二千八百余,而且亲自监刑,看着将这些无辜的少女一个一个凌迟处死。早在两千年前就被废止的人殉制度,在朱家王朝居然能够复活,虽然始作俑者是他那同样“雄才大略’的父亲,但他在执行祖制方面,一点都不逊色,三十多个他生前喜爱的女子活生生地遵他的指令随他去了长陵的地下,而不知姓名的殉葬者据说不知凡几。在夺了他侄子建文帝的江山社稷之后,凡建文帝的忠臣,遭凌迟而死的就算便宜了,被剥皮楦草者有之,被割掉耳朵鼻子再烧了塞给本人吃的有之,将受刑者的儿子割了塞给本人吃的亦有之。自古株连九族已经到了极限了,但人家朱皇帝居然能夷十族。同样,几乎所有的酷刑都是在朱棣眼皮底下进行的,看来,所有的这些地狱里的勾当,对他来说都是一种难得的乐趣。最令人发指的是他对建文帝忠臣家属的处治,九族十族的男丁都杀光了,剩下的女眷则被没入教坊,由朱棣亲自派人监管着到军营做军妓,每日每人要被二十余条汉子糟蹋。监管人凡事直接请示朱棣,而朱棣也为此下了许多具体的诏令,指示要这些可怜人多多“转营”,即遭更多的男人侮辱,凡是不幸怀孕的,生下男孩做“龟子”,女孩则“长到大便是个淫贱材儿”,如果被折磨死了,便“抬去门外著狗吃了。”

在中国有皇帝的时代,忠义是做人的大节,也是统治性意识形态的基本内容,任何两个或者多个在政治和战场上竞争或者厮杀的对手,都不能不提倡忠义。每个竞争的胜利者,即使自身有着充分的正当性,当面对对方宁死不屈的效忠故主者的时候,如果不能招降他们,至少在杀了他们的同时,也要表示对这种行为的钦敬,以厚葬、抚恤亲族之类的举动以示表彰。尽管可能这样做的时候,一肚皮不乐意,只要你不想沦为草寇,还想成点气候,就得这样做。因为礼遇死的是给活的看,一方面是让自己的部下为自己卖命,一方面则表示对社会公意的尊重,特别是当胜利的一方不那么占理的时候,就更是得靠这种假仁假义收买人心。像朱棣这样,恼羞成怒且丧心病狂地夷九族夷十族地虐杀对方的忠臣义士(特别是像方孝孺这种并没有对他造成过什么危害且德高望重的儒者),而且那样对待他们的家属,真是达到了古今罕有的境地。当年,东晋的司马氏当王导对之讲起他祖先对曹魏的种种残暴之举的时候,掩面而哭,说若如是,则国祚不永,而我们这个朱家皇帝,所行所为,超过当年的司马昭不知多少倍。

对于这样一个皇帝,能不能仅仅因为他有过那么些似乎很耀眼的事功,就闭上眼睛不看他的残忍和无耻,给他三七开?姑且不论那些事功如何劳民伤财,兀了蜀山,穷了百姓,空了国库,仅仅为了给他采金丝楠木,进山一千人,出来不足五百,再运到北京,相死于道者,又不知凡几,那种种嗜血之举,是人能做出来的吗?

我们的历史是人的历史,世界是人的世界,总要逐渐变得人道才是,这样,历史才能进步。人道的尺度,理应是历史人物评价的底线,离了这个尺度,仅仅把眼睛盯在所谓的事功上,这样写出来的历史就是一个荒唐的历史。多少年来,虽然我们一直嚷着奴隶们创造历史,但骨子里却依然是根深蒂固的英雄史观,眼睛只能看见大事,至于无辜人命丧失.只看做是必要的代价。我的一位朋友说,中国没有宗教,历史学就是宗教,恶人暴君,怕的就是青史上留下恶名。如果我们因为暴君的事功就宽宥或者无视他的残忍,甚至为他的所谓事功而歌功颂德,那么我们今后的历史就将有越来越多的残忍。这样的历史观,是到了该反省的时候了。如果修了大运河的杨广是一个人所不齿的“炀帝”,那么派人下西洋的朱棣同样应该是“炀帝”。他的子孙将他捧成“成祖文皇帝”,那我们现在人理应清醒一点,干吗非得要跟着朱家的子孙屁股后面爬,不仅自己爬,还给朱棣塑像(塑成那么一个巍峨高大且正义凛然的样子),塑像前面放上供人下跪的垫子和上供的功德箱。其实,朱棣就是一个炀帝,谥法云:好内远礼曰炀,贪酷无道曰炀,信夫!

[建文帝美洲]篇三:钱肇昌:全世界应知 郑和首先发现美洲

到底是谁首先发现了美洲大陆?是哥伦布还是郑和?为什么郑和发现说一直被西方学术界排斥?而一个学计算机出身的学者为什么要花十余年的时间用来推广自己的历史学说。近日,美籍独立学者钱肇昌再次带着他的郑和首先发现美洲说来到香港,并接受了中评社记者的专访,回答了上面的疑问。

我只是发现真相,而不是创立理论 访问一开始,钱肇昌教授就表明,他只是用长期存在的证据发现了历史的真相,而不是突发奇想去创立新的理论。他说,是他从小养成的怀疑的习惯促使他走进了发掘历史真相的行列里。出生于中国、拥有专业背景、曾在美国喷射推进实验室(JPL)担任高级太空工程师的钱肇昌,对古史有浓厚兴趣及深入研究。他在研读史籍的时候发现了很多问题,于是,他便带着这些问题去找答案,在寻找的过程中逐渐找到了真相。

他强调,他并不是从开始就设定是郑和发现了美洲大陆,而只是对史籍中混乱的时间表述感到困惑,所以才致力于寻找答案,最后自己也惊奇地发现原来是中国人首先发现了美洲大陆。

  他说,他看到的一张1570年的AbrahamOrtelius世界地图上,北美洲加利福尼亚被画成了一个狭长的岛,其附近的海叫“朱海”(MarVermeio西班牙文),其靠近的大陆叫安南国(AnianRegnum,越南古称)。这些奇怪的地名,钱肇昌认定是欧洲古代地图师从中国东南地域抄来的。

他认为(加利福)尼亚应该是“海南府”的音译。他指出,把北美洲西北叫做“安南”、把加利福尼亚画成海岛、把加利福尼亚湾称做“朱海”的这些欧洲制图师,和所有的欧洲人一样,从没去过也没勘测过这些地方,他们是根据二手资料绘制的,而这些资料包括美洲和中国南方的地理。“你说这些资料是哪里来的呢?”钱肇昌说,在画图的过程中,由于他们缺乏真正的知识,以为两者是同样的,因而把东南亚移到西北美洲去了。

我和孟席斯一点关系都没有。 英籍作家孟席斯(Gavin Menzies)在2003年出版《1421年:中国发现世界》(1421:The Year China Discovered the World)。书中推断明朝舰队不止于印度洋,实际上曾经到过美洲以至环航全世界,此说法立即引来正、反意见。

钱肇昌说,他和孟席斯差不多同时提出了相似的看法,两者并没有任何地联系和影响。并且,由于孟席斯的说法在西方学术界引起了广泛的批评和反对,致使他的学说也同样被西方学术界抵制。在他看来,孟席斯的说法确定缺乏证据支持,而自己有充分实证考验的发现却因此受到牵连,实在是委曲。

从中国出发,我的目标是让全世界都承认我的发现 正是由于在西方学术界四处碰壁,钱肇昌把接下来的重心转向了大中华地区。他说,西方人对承认中国人发现了美洲存在着固有的偏见,再加上孟席斯的影响,导致他的学说一直遭到排斥,而这些年在西方的推广也证明这一点。

而大中华地区的接受度就要相对来说高很多。钱肇昌说他的目标是在中国大陆,他希望通过一系列的演讲和推广活动,让中国学术界和高校承认他的发现和说法。进而由学术界和教育界的力量促使中国官方改变对这段历史的看法,最后让世界上更多的人知道历史的真相。

当然,他也说,这需要很长的路要走。他对达成这一目标没有时间限制,他说,余下的一生都将致力于完成自己这一心愿。

[建文通宝]篇四:永楽帝

至正20年(1360年)、紅巾の乱で頭角を現した群雄の一人・朱元璋(後の洪武帝)の四男として生まれた。幼い頃は早朝から学者を招き、一度読んだ本の内容は忘れなかったとされる。洪武3年(1370年)、北平に封じられるが、実際に北平に赴いたのは洪武13年(1380年)、21歳の時である。元を北方に駆逐したが、依然北元としてモンゴル高原に割拠していた時代、北方の要衝である燕は極めて重要な防衛拠点であり、ここに配置された朱棣はその戦場での能力と勇敢さを洪武帝に認められていた。

洪武31年(1398年)、洪武帝の崩御にともない朱標の子で甥にあたる建文帝が即位。建文帝の側近である斉泰・黄子澄らは皇帝権力を確立するため、各地に封じられた皇族である諸王の取りつぶしを画策した。この時、当時燕王であった朱棣は2月に自ら南京に赴いた。建文帝の戸部侍郎・卓敬はこの機を捉えて燕王を南昌へと配流すべきと上表したが、建文帝は「燕王は血肉を分けた至親である、謀反の心配などはない」と答えたと言う。

南京の朝廷はこの敗北で黄子澄の進言を受け責任者の耿炳文を更迭。新たに李文忠の長男・李景隆に50万と号する兵を与えて北上させたが、朱棣はこの人事を聞いて「是自らこれを坑にするなり(あの無能者が指揮官なら自滅するだけだ)」と手を叩いて喜んだと伝わる。朱棣は11月、北平城下でこの50万の軍に大勝。李景隆は徳州に逃亡したが、黄子澄は建文帝にこの敗戦を伝えなかった。

一度北平に戻った朱棣は兵を整えてから10月に再び軍を動かす。史書には「一昼夜に三百里を行く」と記された強行軍をもって滄州守備軍を攻撃。主将の徐凱を捕縛し、滄州を再度奪回した。さらに12月に東昌の会戦で盛庸の率いる政府軍と激突したが、このときは燕王軍の中核武将の一人であった張玉が戦死し、兵の損害は1万を超え、朱棣自身も一時は包囲され命の危機を感じるほどの敗戦であった。

翌建文3年(1401年)3月、損害を癒した朱棣は3度目の出兵。コダ河で再び盛庸と交戦し今回は勝利する。翌月閏3月には藁城で平安、呉傑率いる官軍6万を打ち破ると言う大勝利を収めた。

4月、朱棣は大名(地名)に進出。このとき朝廷は斉泰と黄子澄を退けるという妥協を示した。このとき朱棣は盛庸らの召喚を要請したが、朝廷は軍を北上させて燕軍の解散を見届けると言う高圧的な返信を返し、5月には再び戦端が開かれた。この和平工作が決裂後、朱棣は徐州に軽騎兵を出撃させて官軍の兵糧船数万艘を焼き払った。7月には官軍の平安が北平城外まで迫ったが、これは攻略できずに引き上げた。この後両軍は散発的に交戦するが、戦況に大きな変化はない。

12月、朱棣の元に内通者からの連絡があり、朱棣は一気に南京を攻め落とすため全軍を挙げて北平を後にした。明けて建文4年(1402年)1月に再びコダ河で官軍を撃破、途中の城には目もくれずに南下した。このときの逸話として朱棣は孔子の生誕地曲阜と孟子の生誕地鄒県では「木一本たりとも盗むことを禁じる」と命じている。

3月、宿州で平安の軍と激突し勝利したが、4月には再度兵を整えた平安、南京政府軍の討伐司令官徐福と蒙城付近で激突。燕軍は陳文、王真と言った将軍を失い、朱棣軍は飢えを癒すため付近の畑から野菜を取るほど補給に悩まされたと記されている。このとき燕王軍では将軍たちが一時撤退を進言し、攻勢を続けると主張した朱棣に賛成したのは朱能のみであったが、朱能の発言が通り戦線を維持することで決着する。この後数日間は朱棣も「甲冑を着けたまま起居した」とされ、士気の向上に努めていた。

しばらく持久戦の様相を呈していたが、官軍に補給物資が届いたとの報を受け朱棣は再び攻勢に出た。この時、朱棣は次男朱高煦に別働隊を指揮させ、この別働隊の働きにより勝利。官軍は戦死者1万人以上を残して徐福、平安らは霊壁へと撤退、補給物資は朱棣の手に落ちた。

続いて行われた霊壁の戦いにより官軍は壊滅的な打撃をこうむる。この時、徐福は「三発の砲声を合図として燕軍に総攻撃を仕掛ける」と通達していたが、偶然にも燕王軍から三発の砲弾が霊壁城に打ち込まれ、これを総攻撃の合図と誤解した南京政府軍が開かない城壁に殺到、城内が大混乱となり、その機に朱棣が城を攻め落としてしまうと言う、戦史上珍しいほどの幸運による戦勝例がおきた。この時官軍の平安も捕虜となり北平に護送されている。この敗戦を聞いた黄子澄は「大勢は決した」と胸をかきむしって悲しんだと言う。

5月、燕軍は太祖の祖先の墳墓がある泗州に到着。守将は一戦もせずに降伏し、朱棣は墓前に祭文を掲げて啼いたとする。その後朱棣は淮河のほとりで盛庸の率いる軍に勝利し、揚州では戦闘がないまま降伏した揚州城を制圧。ここで朱棣の従姉にあたる慶成郡主が朝廷からの和議の使者として朱棣の元を訪れたが、この和議を拒絶した。

同6月、朱棣は南京を攻撃。この時、南京の金川門を守備していた李景隆は戦わずに門を開いて降伏した。最後まで抵抗したのは徐輝祖のみであった。この金川門の降伏を聞いた建文帝は宮殿に火を放った。『明史』「恵帝記」には「都城陥るや宮中より火起こる。帝終わるところを知らず」と記されている。

この後、方孝孺・斉泰・黄子澄・鉄鉉は刑死。特に方孝孺は朱棣が皇帝に即位する際に一旦は許され、即位の詔を記す事を懇願されていたが、筆を投げ捨て、泣き叫びながら朱棣を罵り、「死即死耳,詔不可草。(さあ殺せ!わしは詔勅など書かんぞ!)」と騒いだので、激怒した朱棣によって一族のみならず、使用人や門人にまでも処刑され、それらは「滅十族」と称された。鉄鉉は朱棣を罵倒し八つ裂きにされ、その妻も惨死させられた挙句、遺体は朱棣じきじきの命令により犬に食わせられたと言う。また卓敬も、朱棣の再三にわたる任用の勧誘を退け刑死した。最後まで抵抗した徐輝祖は、その姉が朱棣の妃(後の徐皇后)であることから命だけは許された。

また東廠と呼ばれる宦官の組織を作り、諜報活動を実施させている。洪武帝が行った恐怖政治を永楽帝は自らの簒奪を隠蔽するために実施している。これにより、永楽帝の時代に明の皇帝独裁体制が固まり、以後政治を壟断する寵臣は出現するが、新皇帝が即位すると没落し処断されるのが常になった。

外征を控え、元末の混乱以来の民力の休養を国是とし、農本主義による政策を実施した洪武帝に対し、世界帝国を目指した永楽帝は積極的な外征を行い、対外進出を中心にした政策を実施した。永楽帝の治世の最たる象徴は積極的な対外政策にあった。領土拡大においては軍略家の本領を発揮して漢人皇帝としては唯一モンゴル方面への親征を行い、5度にわたる出征でタタール部・オイラト部を威圧した。また南方では陳朝滅亡後のベトナムに出兵し胡朝を滅ぼし、交趾布政司による直接支配を実現、東北方面でも女真族の勢力圏、黒竜江河口まで領土を拡大して奴児干郡司を設置、西方でもティムール帝国と国境を接しティムール没後の帝国と国交をもち、チベットの間接統治も実現した。さらに李氏朝鮮、琉球王国を服従させ日本に対しても足利義満を日本国王に封じ朝貢貿易を許可、また宦官鄭和をして7度にわたり大艦隊を南海方面に派遣し(1405年 - 1433年)、東南アジアからアフリカ東海岸に及ぶ30以上の国々に朝貢させ、明朝の威信をアジア中に及ぼした。

モンゴル族のタタール部とオイラト部は、たびたび明との国境を越えて侵入した。これに対し永楽帝は断固たる態度で臨み、最初は武将の丘福に10万の兵を与えて征討に向かわせたが、この丘福が惨敗すると永楽8年(1410年)に、51歳という年齢でありながら皇帝としては異例の北方親征を敢行、後に滅胡山(胡は古代中国における異民族の蔑称)と名づけるケルレン河畔での大勝を皮切りに5度にわたって行いモンゴル族を駆逐し[1]、「五度沙漠に出で三たび慮庭をたがやす(五出三犂)」と称えられている。

建文2年(1400年)、安南を支配していた陳氏(陳朝)が胡季犛に簒奪され(胡朝)、胡氏がさらに南方の占城(チャンパ王国)を攻撃した。占城の巴的吏が明に援軍を求めてきたため、ベトナム地方の安南に永楽4年(1406年)に遠征し(明胡戦争(英語版)、明・大虞戦争)、直轄領とした(第四次北属期(英語版)、1407年 - 1427年)。直接の動機とされた「安南国王の孫」を名乗る陳天平の永楽帝による突然の安南王擁立と、それを安南に送り返して胡氏に殺害されるという事件の経緯の不可解さから、明側による謀略説も存在する(山本達郎『安南史研究Ⅰ』他)。この時の明は21万に及ぶ兵を動員したが、総司令官朱能の病没という、敗北によらない手痛い損失が生じた。その後指揮官となった張輔は「安南は本来中国の土地」とする上表を提出し、これを受けた永楽帝による布政使、都指揮使などの地方官が任命された。ただしこの後の永楽6年(1408年)に大規模な反乱が生じ、現地明軍だけでは対応できなくなった結果、再び張輔が討伐軍を指揮する事態となっている。この鎮圧後も散発的に反乱は続発し、永楽12年(1414年)には張輔が現在のラオス付近まで軍を進めている。

チベットを従属させ、カルマパの活仏であるデシンシェクパを招き、洪武帝と馬皇后の追善供養を執り行わせる一方、西域の情報を得るという行動をした。このデシンシェクパの情報による西域方面統治政策は、その後の明朝の基本となる。このほかに朝鮮、琉球を従属させたり、シベリアにも出兵し、苦夷(樺太)まで一時は領地とし、奴児干都司を置いたとされる。この記録は『勅修奴児干永寧寺碑記』という石碑に記されているが、『明史』には記されていない。

永楽帝は世界が明の権威を認めることを欲し、宦官鄭和に命じ大船団を南海に派遣した。大航海は7度行われ、アフリカ大陸東岸にまでに達した(7度目は孫の宣徳帝の代に行われた)。この船団は明と交易することの利益を諸国に説いて回り、明に朝貢することを条件に中小諸国が交易にやって来るようになった。元の旧領回復を目指すティムール朝とも敵対したが、永楽3年(1405年)のティムール死後は和睦して友好関係を築き、永楽12年(1414年)または永楽13年(1415年)には鄭和がホルムズを訪れている。

当時対立していた日本とも和解し、永楽2年(1404年)に足利義満は永楽帝の即位に祝賀の使節を送り、貿易を求めた(義満自身は建文帝の代から修交を行っている)。永楽帝はそれに対し、当時猛威を振るっていた倭寇の取締りを求めると同時に、「日本国王」に冊封して朝貢貿易も許した。義満はこれに応え倭寇を厳しく取り締まり、対明貿易で巨額の利益を得た。日本側と明側で勘合と呼ばれる割符を使っていたため、日本では一般的にこれを勘合貿易と呼ぶ。永楽帝は義満を評価しており、その死の翌年に弔問使を日本につかわし「恭献」の諡を送っている。日本人で外国から謚号を贈られたのは義満が最初で最後である。この関係は義満の跡を継いだ足利義持が永楽9年(1411年)に明の使者を追い返すまで続いていた。

モンゴル側の史料である『アルタン・トブチ』や『蒙古源流』においては、永楽帝の生母は大元ウルスの順帝トゴン・テムルの妃でコンギラト部出身の女性であり、洪武帝が後にその女性を娶った際に彼女はトゴン・テムルの子を妊娠中であり、従って永楽帝はトゴン・テムルの子であると記されているが、中国側でも同様の俗説が広まっている。また、その俗説において永楽帝の父親とされるトゴン・テムルもコシラの実子ではないと言われており、民間では南宋最後の皇帝恭帝の遺児であるという俗説があり、その俗説との関連性を指摘する研究者も存在する。

寺田隆信によると、生母について「馬皇后説」の他「達妃説」「碽妃説」「元の順帝の妃説」など、俗説も含めると5説前後に分けられるとする。ただし寺田自身は「今日となっては調査する材料もない」として諸説を紹介するにとどめている。

建文帝是谁: 老梁故事汇建文帝图文及视频资料

建文帝是谁?建文帝下落 自焚说.据永乐年间《实录》和《明史稿》的记载,建文帝继位后,即用兵部尚书齐泰和大常卿黄子澄谋,定策削藩.领兵在外、身为燕王的朱棣立即打着清君侧的旗号,起兵南下,发起"靖难之役".不到四年,燕王即挥师渡过长江,兵临南京城下,建文帝

建文帝是谁 建文帝朱允�的最终下落揭秘

建文帝是谁 建文帝朱允�的最终下落揭秘 545 x 398 (27258)

首先,必须澄清为何用特殊两字来形容建文帝,建文帝的特殊之处在于以下两个方面. 其一建文帝是第一位直接从皇长孙成为皇帝之人,中间跳过了太子这个职位; 其二建文帝也是第一个被藩王逼迫离开皇位的君主,并且被下一任继任君主永乐帝彻底否定,成为一位无庙号、无

明朝建文帝是谁 是一个怎样的皇帝

明朝建文帝是谁 是一个怎样的皇帝 390 x 480 (121706)

DJ 文帝&MC Seven 罗曼蒂克现场 视频时长:07:07 DJ 文帝&MC Seven 罗曼蒂克现场 播放:695次 评论:66人

从百姓角度来看,建文帝算是一位好皇帝,他的好体现在以下几个方面. 其一明太祖时期政治层面管理比较严苛,可以说刑罚较重,宫刑等都不在话下.在建文帝登基为帝之后,对整个刑部、刑罚这块有了很大的改善,建文帝朱允�废除了较为严苛的七十三条刑罚,使明朝所有受刑罚

明朝建文帝是谁 是一个怎样的皇帝

明朝建文帝是谁 是一个怎样的皇帝 484 x 300 (31834)

一三九二年,皇太子朱标病逝,朱允�被立为皇长孙.朱允�自小就熟读诗书,跟随在身边的文人志士也都是怀着理想主义的人物.性情同其父亲一般温顺,心胸大度,宽怀对人.朱元璋死后,朱允�在南京即位,当时他只有二十一岁.而关于建文帝朱允�的进一步详细的情况已经没有可信

明朝建文帝是谁 是一个怎样的皇帝

明朝建文帝是谁 是一个怎样的皇帝 605 x 375 (109466)

从亲缘关系层面来看,永乐帝朱棣是建文帝朱允�的叔叔.建文帝朱允�是朱标之子,朱标是明太祖朱元璋之长子,按道理在明太祖之后应该是由长子朱标继承皇位的,但奈何朱标命短,在明太祖驾崩之前便去世了,朱元璋便将皇位转传于皇长孙朱允�.永乐帝朱棣则是明太祖的第四个儿子

明朝建文帝是谁 是一个怎样的皇帝

明朝建文帝是谁 是一个怎样的皇帝 484 x 300 (129659)

更多老梁故事汇建文帝相关

[世界未解之谜读后感]【《世界未解之谜》读后感】百度作业帮

[纪连海百家讲坛]百家讲坛:文景之治

[秦始皇的父亲]秦始皇身世之谜 秦始皇赢政的父亲是谁?

[景帝刘启]明景帝

[杨坚的儿子]杨坚是兰陵王的儿子?杨坚是谁的儿子

[999个世界未解之谜]999黄金

派森文摘网

建文帝是谁总结:

言而总之,小编整理的这篇文章建文帝是谁相关的文章只能让你对这个问题初步的了解,如有问题可及时反馈,还是我们将提供更多建文帝朱允炆相关信息,以下建文帝后人信息仅供参考。

建文帝为什么失败视频

视频时长:07:07 DJ 文帝&MC Seven 罗曼蒂克现场 视频时长:10:16 河南省南阳市曲剧团到鄢陵县南坞镇演出的《文帝斩婿》全场(10) 视频时长:10:21 河南省南阳市曲剧团到鄢陵县南坞镇演出的《文帝斩婿》全场(9) 视频时长:11:56 以此片缅怀CHESTER BENNINGTON 查斯特`贝宁顿 LP 视频时长:06:02 河南省南阳市曲剧团到鄢陵县南坞镇演出的《文帝斩婿》全场(11) 视频时长:10:03 河南省南阳市曲剧团到鄢陵县南坞镇演出的《文帝斩婿》全场(7) 视频时长:10:32 河南省南阳市曲剧团到鄢陵县南坞镇演出的《文帝斩婿》全场(2) 视频时长:52:07 虎牙90098文帝欺诈 视频时长:1:07:28 曲剧:刘雪琴、曹广甫、朱文喜、田香连《文帝斩婿》内录音(河南省洛阳市香连曲剧团)